遠方で暮らす従姉に祝電を送りました。

遠方に住んでいる従姉が結婚したので、祝電を送りました。子供の頃から年に数回会っていた従姉で結構仲がよかったのですが、お互い働き始めてからは中々会う機会がなくなってしまいました。結婚式の日も仕事で出席出来なかったので、お祝いの気持ちを込めて祝電を送りました。色々な種類のものがあったのですが、従姉が子供の頃から好きだったキャラクターのぬいぐるみがセットになっている祝電がとても可愛らしいものだったので選びました。従姉の喜ぶ顔を想像しながら選んだのですが、こちらも幸せな気持ちになれました。従姉が新婚旅行から帰ってきた後に自宅に電話があったのですが、とても喜んでくれていて嬉しかったです。キャラクターのぬいぐるみも、新居のリビングに飾ったと教えてくれました。久し振りに従姉と話が出来て嬉しかったですが、近い内に直接会ってお祝いを言おうと思っています。

祝福の気持ちを祝電で伝えることができます。

生活の中には様々な祝い事がありますが、その際には祝電を利用することも祝福の気持ちを伝える一つの方法です。祝電とは文字のごとく、お祝いの電報を送ることで、電話やインターネットで頼むことや、直接事業所にいって頼むことで送ることができます。文章も自分で考えた文章を送ることができますが、お祝いごとの文言などは定型文が用意されているため、文章を考えるのが苦手であっても選ぶことができるため、気軽に送ることができます。電報は当日送ることもできますが、一カ月前から予約して送ることもできるため、あらかじめ日にちが決まっている誕生日などに送る際は予約することをおすすめします。また、電報はただ紙を送るだけでなく、花やぬいぐるみなどを添えて送ることもできます。自分が伝えたいお祝いの気持ちを込めた物と送ると相手にも喜ばれます。

祝電の基本的常識について

結婚式でよく聞く祝電というもの。やむを得ない事情で、当日式に参加できない場合などに、新郎新婦への感謝、応援を込めて贈ります。そんな祝電の基本的常識を2つ挙げてみます。1つ目は、様々な種類があるということです。文章主体のものから、キャラクターものや、ドレッシーなものまで、実に多くの種類があるため、新郎新婦のイメージに合ったものを贈ると良いかもしれません。2つ目は、贈るタイミングです。多くの場合事前予約を受け付けているので、事前予約するにこしたことはないこと、式当日は色々と忙しいので邪魔にならない時間に贈ること、この辺りは気を付けておいた方が良いでしょう。以上について、知識として備えておくだけでも、祝電の基本的常識の一部になりますし、実際に贈る場合の一助にもなり得ます。もちろん心を込めて贈ることが一番であることは言うまでもありません。