可愛い愛猫のための猫砂の選び方

猫を飼う際に必須なのがトイレの準備ですが、基本的に砂を敷き詰めたトイレを好む子が多いです。トイレに使う猫砂は様々な種類があり、猫の好み、トイレ掃除できる頻度、処分方法、トイレの種類などによって選ぶべき砂の種類が変わってきます。頻繁に掃除できない場合は脱臭効果の高い砂が便利ですし、トイレに流せるタイプなら燃えるごみが減らせて楽です。一般的なトイレなら固まる砂で構いませんし、多頭飼いでトイレが汚れる頻度が高い場合は吸収や防臭の効果が高い専用の砂を使うのがお勧めです。基本的にトイレメーカーが専用猫砂を販売していますが、汎用性のある砂が他のメーカーから出ていることもあるので、量や価格、機能の有無を確認した上で猫が一番好む砂を見つけてあげることが大切です。

固まる砂は掃除が楽で固まらない砂は臭いを軽減できます

猫はきれい好きな子が多いので、糞や尿で汚れた砂を踏みたがりません。糞は自分で砂をかけるので隠しやすいですが、尿は液体なので砂の機能が重要になります。尿を素早く吸収し固まるタイプの砂は、スコップですくいやすく捨てやすいです。砂の種類によってはゴミ箱にすてて燃やせるだけでなくトイレに流して捨てることができるものもあります。多頭飼いだと排泄物の量が多いので日中家を空けているだけでもにおいが充満してしまいます。そんなときはシステムトイレがお勧めです。固まらない砂を敷き詰め、その砂の隙間を流れていった尿は下のトレイに敷いてある吸収シートに吸い込まれます。このタイプの猫砂は、尿を吸収しないので砂の減りが遅く、また通過する尿の臭いを軽減する作用があるので飼育頭数が多い場合に便利です。

材質によって機能や処分方法が異なります

材質にも様々な種類があります。鉱物系はカラカラと固めで、尿を吸収して固まる速さに優れています。おからやコーンスターチを原料とする砂は、猫が口にしても安全で、燃やせたりトイレに流せたりするだけでなく土に戻すこともできます。ヒノキやおがくずなどの木材は、軽くて安価なものが多いです。尿を吸収すると固まらず崩れるタイプもあるので、システムトイレに敷いておくと尿と一緒に下のトレイに落ちてくれます。木独特の香りが排泄物の臭いを軽減する効果もあります。紙でできた砂は一番軽く、燃えるごみにも出しやすいです。吸収力も高く、手軽に使えます。シリカゲルの砂は脱臭機能がとても高く、また尿や糞に付きにくいので交換頻度が少なくて済みます。このようにたくさんの種類があるので、いろいろな猫砂を試して猫の好みと飼い主のライフスタイルに合った砂を見つけることが大切です。