失敗しない猫砂選びにはコツがあります

猫を飼うことになったら、最初に揃えなければならないものがいくつかあります。フードや食器、キャリーバッグなどもそうですが、トイレとトイレにいれる猫砂も必須です。しかし、猫用のトイレ砂は実にたくさんの種類があります。砂といっても、鉱物だけでなく紙製や木製、シリカゲルを使用したものなど素材はさまざまで、形状も異なれば、消臭効果が高いもの、自宅トイレに流せるもの、濡れるとかたまり処分が楽なものなど機能も色々です。猫はトイレの場所を比較的すぐに覚え、排泄の失敗はすくない動物ですが、トイレへのこだわりもまた強い傾向にあります。トイレ砂が気に入らないと、そこでしてくれず、別の場所で排泄したり、我慢することも。我慢していると膀胱炎や尿路結石を招く危険性があります。そうならないためにも、愛猫に気に入られる砂選びはとても大事です。それでは、どんな点に注意して猫砂を選ぶといいでしょうか。

猫砂のさまざまな素材の種類と特徴

まずは猫用のトイレ砂の素材にはどのような種類があるかを知りましょう。よく使用されているのが鉱物タイプ。自然に近いため、猫が好みやすい傾向があります。固まりがよく掃除がしやすいという特徴があります。処分する際は燃やせないゴミになります。重くて粉が舞いやすい傾向にあります。木材や紙などもよく見られるタイプで、軽く扱いが楽です。燃やせるゴミにだすことができ、商品によってはトイレで流せるので処分も楽です。おからやコーンスターチといった食品由来の砂もあります。これも燃やせるゴミにだすことができ、商品によっては自宅トイレに流すことも可能です。子猫が食べてしまっても比較的安全です。猫の足につきやすく、散らばることがあります。シリカゲルタイプは消臭効果が高いです。また排泄のたびに取り除いたり交換する必要がありません。処分の際は燃やせないゴミにだします。このように素材により特徴が異なります。猫が気に入る可能性が高いのは鉱物系ですが、処分が簡単なものがいいなら食品系や木材・紙系、脱臭効果が高いものがいいならシリカゲル系といった視点で選ぶのもひとつの方法です。

飼い主の扱いやすさと猫の好みを考えて選ぶ

猫砂は商品によって強みとする機能があります。まずは消臭効果。猫の排せつ物は臭いがきついので、できるだけ消臭効果が高いものが望ましいでしょう。また、吸収力の良さやしっかり固まるかどうかで、処理のしやすさが変わってきます。トイレに流せるように固まらないようになっているものもありますが、しっかり固まったほうがトイレから取り除きやすいと言えます。処分のしかたは、燃やせるゴミ、燃やせないゴミ、トイレに流せるものがあります。自宅トイレに流せると楽です。トイレに流せないタイプを無理に流すと、つまりを起こすことがありますので避けましょう。また、砂自体に匂いがついているものもありますが、これは敏感な猫によっては嫌がる可能性があります。トイレの砂を選ぶ際は、飼い主の扱いやすさとともに猫が気に入るかどうかも大切な要素となります。機能や素材である程度しぼり、複数種類を試してみて、愛猫が気に入るものを選びましょう。